栃木県宇都宮市の心理カウンセリング

カウンセラー紹介

  • HOME »
  • カウンセラー紹介

水沼 利浩(みずぬまとしひろ)

一般社団法人日本実務カウンセリング協会
代表理事
精神保健福祉士(国家資格)
こころの保健室グループ代表
昭和49年生まれ」

財務省や一般企業に勤務しながら精神保健福祉士の資格を取得。精神科医療機関、老人保健施設などに勤務し、「危機管理対策委員長」など担当。

2008年、栃木県益子町にて「栃木こころの保健室」開業、2017年、栃木県宇都宮市にて「宇都宮こころの保健室」開業、後輩の指導をしながらも年間1000時間以上のカウンセリングを行っている。

「自立する心理カウンセラーのための開業セミナー」が好評で、業界の先駆者としての注目を集めている。

 

野澤かなえ(のざわかなえ)

米国ハワイ州NP法人
ホームメンタルカウンセラー協会認定
プロ心理カウンセラー
一般社団法人
日本傾聴連合会認定
傾聴心理カウンセラー
インナーチャイルドセラピスト
とちぎねいろ代表
昭和46年生まれ

産婦人科看護師として勤務しながら、自身の不登校の子育ての経験を生かし心理カウンセラー資格取得。

不登校問題の解決を専門とし「子どもを変えるのではなく、お母さんが変わり始めると子供は確実に変化し、動き出していく」を非とし、実績多数。

否定せず一緒に寄り添い、サポートしていくカウンセリングを行っている。話しやすい雰囲気・クライアントに合った療法、アドバイスに定評がある。

 

業務提携カウンセラー

近野直子(こんのなおこ)

一般社団法人
日本傾聴連合会認定
傾聴心理カウンセラー
栃木こころの架け橋代表
昭和61年生まれ

一般企業に勤務しながら短大の頃より興味を持ち始めた心理カウンセラーの資格を取得。

アダルトチルドレン、LGBT当事者として、当事者の心の緩和を中心に、親や教職員関係者への勉強会・講演会、当事者同士の交流会を展開中。

細やかな気くばり、優しい雰囲気と笑顔には定評がある。

 

濱口浩志(はまぐちこうじ)

日本メンタルヘルス協会
公認心理カウンセラー
精神保健福祉士(国家資格)
メンタルメイト代表
昭和51年生まれ

長年、一部上場企業にて知的財産業務に携わっていたが、自身の大きな挫折をきっかけに、心理学の勉強を始め心理カウンセラー資格を取得。

中高生を始め若年層からの信頼が厚い。不登校生徒には、学習指導も実施しており遅れた学力が挽回できると評判である。

PAGETOP